肌トラブルの多い敏感肌の原因|熱いお湯で洗うのも厳禁

二重まぶたにする方法

目

二重アイプチとはまぶたを二重にするための、のりのことです。簡単に二重をつくることができるアイテムとして人気がありますが、使い方によっては不自然な二重の形になってしまいます。二重アイプチを使うときに、工夫を加えることによって自然な二重をつくることができます。二重アイプチを使うときに1番大切なのが、二重にする幅です。二重の幅を無理にひろげようとすると、不自然に見えてしまい、まぶたのたるみの原因にもなります。きれいに二重をつくるためには自分に合った幅を見つけましょう。幅が決まったらまぶたに塗って目を閉じます。閉じた状態で、目尻の方から、二重アイプチに付属しているプッシャーで軽く押さえつけ、目を開きます。自分に合った幅で二重をつくることがきれいに仕上げるための方法です。

二重アイプチを使ってきれいな二重をつくるためにはいくつかのコツがあります。まず、二重アイプチを使う前に、ティッシュやコットンなどを使ってまぶたの油分や汚れを落とします。油分や汚れが残っていると二重アイプチの接着力が弱まりとれやすくなってしまうためです。二重アイプチを塗る量や時間にもコツがあります。まぶた全体に薄くむらなく塗り、のりが透明になるまで乾かしてからプッシャーで二重をつくります。塗る量が多かったりきちんと乾いていない状態だったりすると、よれてしまう原因にもなってしまうので注意が必要です。また、二重アイプチを落とすときにはこすらず、お湯で十分にふやかしてから優しくオフするようにしましょう。こすってしまうと、たるみや炎症を起こし、二重をつくりにくくなってしまいます。まぶたのスキンケアをすることも大切です。これらのコツをおさえることできれいで自然な二重をつくることができます。